ソリューションBCP

ソリューションのご提供

ソリューションのご紹介

ソリューションのご紹介

弊社ではお客様に「AERO SHIELD」を下記の通りソリューションとして、お客様のご要件(ご使用目的、運用方法や場所、ご予算など)に合わせ、コンサルからサポートまでワンストップで対応致します。

ご提供メニュー

ご提供メニュー

「AERO SHIELD」のソリューションメニューは、5年間効果的にご使用頂くために、下記の形態でご提供致します。

・リースでのご提供も可能です。製品本体、点検サービス5年での提供となります。
(取付作業は含んでおりません)

安心してご使用頂くために

安心してご使用頂くために

「AERO SHIELD」を安心してご使用頂くために、お引渡しする前に必ず紫外線量を測定し、問題の無いことを確認します。

 人体が多量の紫外線放射にさらされると、眼や皮膚に障害を受ける可能性があります。

<参考>TLV (※)= 60J/㎡以下(1日8時間とする場合)(紫外線放射照度に換算すると、約0.2㎼/㎠以下
※TLV:Threshold Limit Values の略称。波長 200∼315nm の紫外放射に関して、 その照射下にある作業者が有害な影響を被らずに、繰り返して暴露を受けても差し支えない量。(JIS Z 8812(有害紫外線放射の測定方法)による)

企業のBCP対応①

企業のBCP対応①

企業活動のグローバル化に伴い、感染症のリスクは以前にも増して高まっています。従業員が安心して働ける職場環境の整備はもちろん、事業継続対策(=BCP対策)としても感染症対策の重要性が注目されています。

自社に「感染症を持ち込まない」だけでなく、取引会社や家族に「広げない」ことが社会的にも強く求められております。

 

<感染症が広がる原因>

・海外出張者や訪日外国人の急増 ⇒ 帰国者、来訪者による持ち込み

・移動手段の高速化 ⇒ 感染症が死滅しない

・建屋家屋の密閉性の向上 ⇒ 空気換気の鈍化、滞留

・業務・プロジェクト等の大型化  ⇒ 集団による業務推進

・海外出張者や訪日外国人の急増
 ⇒ 帰国者、来訪者による持ち込み

・移動手段の高速化
 ⇒ 感染症が死滅しない

・建屋家屋の密閉性の向上
 ⇒ 空気換気の鈍化、滞留

・業務・プロジェクト等の大型化
 ⇒ 集団による業務推進

<感染症拡大の主な場所>

・職場事務所内における空気感染

・空港、駅などの人が集まる場所

・飛行機、電車、バス等の密閉された空間

・病院、医療現場での2次感染


この様な場所や原因があると社内に感染症が
持ち込まれる要因に

!チェックポイント!

BCP対策は、日常的なリスク管理が重要

BCP対策は、日常的なリスク管理が重要

 

企業のBCP対応②

企業のBCP対応②

感染症流行期でも、欠勤率を抑えて円滑な業務運営を
感染症流行期でも、
欠勤率を抑えて円滑な業務運営を
■集団感染による業務の停止・停滞を防ぐ
■集団感染による業務停止・停滞を防ぐ

大勢の従業員が働く社内では、ひとたび感染症が発生すると空気を介して大規模な集団

感染につながる恐れがあります。日常的な空気感染対策によりそのようなリスクを抑えます。

■従業員が安心して働ける職場環境へ
■従業員が安心して働ける職場環境へ

社内で空気感染対策をおこなうことで、従業員が安心して働ける職場環境を実現します。

■自社の衛生管理のPR
■自社の衛生管理のPR

感染症が社会規模の問題となりその対策が急がれる現代において、日常的な空気感染対策の

実施は自社のPRにもつながります。

特に人が多く集まる空間(オフィス、会議室、食堂など)ほど空気感染のリスクは高くなり、重点的な対策が求められます。

!チェックポイント!

BCP対策には様々なメリットがある

BCP対策には様々なメリットがある


 本記事をシェアできます!

アーカイブ

カテゴリー